離婚調停中の友人の相談相手をしていました。 配偶者の浪費、暴言で一時は心身共に疲弊していてとても見ていられない状態でした。 その配偶者が、友人の動きを調べたり、つけまわしたり嫌がらせめいたことをしていたのです。 もちろん一人でできることではありません。 どうやら、友人か知人かを使っている様子だったそうです。 私の友人はその協力しているであろう人物の名前と家まで突き止めたのです。 ただ、そこからが問題でした。 今現在は個人情報保護がしっかりしているので、それ以上調べようがないんですね。 その人物がどのような職業なのかとか何歳なのかとかわからないわけです。 自分からSMSなどで公開していない限りはそうそう身元はわかりません。 そこでプロに依頼するかと思って探偵事務所に電話したのです。 友人の話によりますと、身元調査というのはやはりプロの探偵さんでも今の時代は厳しいものはあると のことで、結局のところ地道な張り込みや聞き込みや尾行で調べるしかありませんと言われて初期費用として20万は見てほしいと言われたそうです。 友人は数万円ぐらいでならと考えていたので桁が1つ違うと依頼はあきらめたのですがまあ収穫が何もなかったわけではありません。 やはりプロに依頼するというのはお金がある程度お金がかかるわけです。 なので、もしも離婚調停がすすむにすれて、配偶者が探偵事務所を使って何かしらの調査結果などを出してきたら、やはり「お金がない」と言って借金したのにさらに探偵事務所までどうやって費用を捻出したいのだと逆に切り返せると言っていました。 後日談ですが、結局調停は不成立で終了だったそうです。 現在は裁判に向けて準備中です。

 

様々な調査があります、尾行調査、素行調査、身元調査

法律上違法になるような調査行為を行う事ができないので興信所が行う調査のやり方というのは決まっています。つまり浮気をしているかどうか確かめる浮気調査であっても、結婚相手が信用出来る人なのか人柄は大丈夫なのか調べる結婚前調査であっても、中途採用予定者がどんな業績を持っているか企業スパイではないか調べる身元調査であっても行う事は決まっています。何を行うかと言えば「尾行」「張り込み」「聞き込み」のこの3パターンしかありません。主にバレないように様々な身なりをした一般人に変装して近づきます。車や自転車やバイクなどの移動手段をあやつり相手に見つからないようにするのです。何日も張り込む場合は同じ車、同じ人員が張り込んでいるとバレる可能性があるためリーダーが指導してメンバーを交代させたりします。このやり方は一般的です。ここから各興信所が持っているノウハウや機材等を使った調査を行う事になります。ICレコーダー、望遠レンズカメラ、変装、先回り、顧客のフリ、お店の従業員になりすまし、様々な情報を相手から引き出してきます。